看板制作で重要なポイント

page01-2

ターゲットの明確化

看板制作の際にはまず、ターゲットを明確にする事が重要です。
年齢や性別をはじめ、嗜好や価値観、居住地など、顧客モデルを細かく設定しターゲットを絞り込むのです。
ターゲットを明確にする事で、看板のデザインや種類の輪郭が見えてきます。またこの時、ドライバーに向けた看板か歩行者に向けた看板なのかも決めるようにしましょう。

理解のしやすさ

歩行者が看板を目にするのは僅かな時間になります。ドライバーの場合は本当に一瞬です。短い時間の中で見られる看板に情報を詰め込み過ぎていると、多くの人は理解するのが難しく、効果は期待出来ないでしょう。
そのため看板制作の際には理解のしやすさも考慮することが大切です。「最低でもこれだけは伝えたい」という情報をピックアップし、誰が見ても理解出来るように記載するのがベストです。

個性

皆さんもご存知のように世の中には様々な看板があります。その数ある中で人を惹きつけられる看板制作を行うためには「個性化」を図る事も重要なポイントです。個性というのは人それぞれで異なるため、どのような看板が個性的であると具体的には申し上げられませんが、個性的な看板が自然と人を惹きつけるのは確かです。
したがって看板製作では個性を打ち出す事もしっかり考慮しましょう。

あまりにも奇抜なデザインだと周辺環境とマッチしなくなる恐れがありますので、その点は注意が必要です。
看板は会社や店舗の成長に大きな影響を与えますので、制作の際には重要なポイントを把握してから臨む事をおすすめします。

大阪に本社があり、兵庫に工場があるロゴツリーでは看板制作を行っています。
ロゴツリーではお客様のご希望・ご要望をしっかりとヒアリングし、イメージを形にします。
価格に関してのご相談も随時承っていますので、看板を作りたい、看板をリニューアルしたいなどとお考えの方は是非ロゴツリーにご連絡下さい。また看板制作に加え、壁面テントへのデザインも行っていますのでお気軽にお声掛け下さい。

株式会社LOGO-Tree 二級建築士事務所