集客の為の店舗改装

page03-2

店舗改装と同時に進めて欲しいのが店舗見直しです。どのような客層を集客したいか、業種によってターゲットが異なってきますので、集客する為に何が必要なのか考えた上で、店舗改装も行っていきましょう。

利用するお客様視点で考える

お店の経営者でも従業員でも、他店に行くとお客様という立場になります。従業員として働いている時には気づかないかもしれませんが、他店を利用した時にお客様として感じる事があるでしょう。お客様視点になってお店のサービスや雰囲気を感じ取る事が大切です。

●飲食店

美味しいご飯を食べに来るお客様の事を考えて、料理の詳しい説明を載せたり、カロリーを載せたり、どのような飲み物と相性が良いかなどを載せたりすると良いでしょう。また、以前はパスタやピザなどをメインに販売していた飲食店を、ターゲットの見直しをした時にカフェに変更しようと考える方もいます。そのような時は、居心地の良い空間にする為の雰囲気づくりが必要になります。照明の色や壁紙、外観のデザインにこだわる事で、より良いカフェになるでしょう。

●アパレルショップ

ファッションアイテムの購入だけではなく、ファッションの勉強がてらショップに足を運ぶお客様もいます。
購買意欲を誘うような価格や客引きも大切ですが、おすすめコーディネートをマネキンで紹介してみたり、商品が手に取りやすいようにサイズ別に並べてみたりするのもポイントとなります。集客したいターゲットの世代、性別を考えた上で壁紙の色、店内全体のコンセプトに合わせて統一感を出すようにすると良いでしょう。
さらに、季節毎に壁紙を変えるのも来店するお客様にワクワク感を与える事が出来ます。

●スーパー・コンビニ

家電量販店と同様、見やすい陳列を心がける事が大切です。しかし、家電量販店とは違い、主に日用品、食品を購入するお客様が来店するので、商品数を増やす、関連のある商品を近くに配置する、その商品の取り入れ方などをポップにするなど、お客様に喜ばれる見せ方が必要となります。また、オリジナルのBGMを流す、来店するお客様が多い時間帯にセールするなどの工夫が必要です。さらに、スーパーやコンビニは時間帯によって混雑しますので、レジ数を増やす、袋詰するスペースを広く設けるなどの配慮が大切です。

大阪にあるロゴツリーでは、店舗改装のお手伝いをいたします。お客様のイメージするデザインに合わせた内外装を提案しますので、何か不明な点があれば、ご相談ください。これから店舗を立ち上げる方や店舗リフォームを希望する方など、店舗デザイン、施工の事からお任せください。

株式会社LOGO-Tree 二級建築士事務所